NOTO JOURNAL,能登,七尾,和倉温泉,中能登,観光,ななお・なかのとDMO

Do体験

潮騒の道

潮騒の道
潮騒の道

穴水町の波が静かな入り江に潮騒の道は面していた。歩き始めるとすぐに、「ボラ待ちやぐら」が見えてきた。このやぐらの上でボラを見張って網をたぐる伝統の漁法がかつて行われていたそう。数学の図形のような斬新な形でおしゃれアイコンのよう。後で調べたら明治時代に能登を訪れたパーシヴァル・ローエルというアメリカ人もボラ待ちやぐらに衝撃を受けていたみたい!

創世記に出てくるノアの大洪水以前にあった堀っ立て小屋の骨組を、これも有史以前の伝説による怪鳥ロックが見つけて、巣に選んだ場所とでも形容できようか。

「NOTO 能登・人に知られぬ日本の辺境」 パーシヴァル・ローエル 著 宮崎正明 訳・著 十月社 出版

潮騒の道

住所
石川県鳳珠郡穴水町川島地内~内浦地内
お問い合わせ
穴水町政策調整課 観光交流推進室TEL 0768-52-3790(8:30~17:30)

 

Google Mapで見る

PAGETOP