NOTO JOURNAL,能登,七尾,和倉温泉,中能登,観光,ななお・なかのとDMO

Do体験

七尾城跡

七尾城跡
七尾城跡

日本五大山城とされている難攻不落と言われた七尾城。上杉謙信が攻め落とすのに1年かかったそう。室町時代から畠山氏が長い年月をかけて築き7つの尾根にわたっていたことから、七尾(ななお)市の地名の由来となった。山城跡は確かにそこに当時の気配を残している。城の中心だった本丸跡から七尾湾を見下ろした。時の権力者と同じ雄大な景色を眺めていると、歴史を身近に感じられるなぁ。

野面(のづら)積みという積み方の石垣。これだけ大規模に見られるのは全国的にも珍しいそう。

戦国時代の七尾城をCGで復元した動画。これを見ながら辿るとより楽しめた!

七尾城跡

住所
石川県七尾市古府町、古屋敷町、竹町入会地大塚14-1 ほか
お問い合わせ
七尾市教育委員会スポーツ・文化課TEL 0767-53-8437(8:30~17:15)

※掲載内容は2019年4月時点のものです。

Google Mapで見る

PAGETOP