NOTO JOURNAL,能登,七尾,和倉温泉,中能登,観光,ななお・なかのとDMO

Festival祭り

青柏祭の曳山行事(でか山)

青柏祭の曳山行事(でか山)
青柏祭の曳山行事(でか山)

素朴で日本一大きい曳山(ひきやま)、「でか山」3台がまちなかを曳き廻される様子は圧巻の光景。でか山を曳き廻し、でか山の上で唄い、でか山を見上げる。この祭り、そして土地への人々の愛はきっとずっと前から変わらない。私も自分の故郷を、自分の国をこんな風に愛していきたいな。

青柏祭とは

若葉萌える5月に行われる大地主神社(山王神社)の例大祭で、能登地区最大の祭礼。高さ12m、重さ20tの日本一大きな曳山「でか山」3台が狭い町なかを曳き廻される。
訪れる人々が曳山を曳くことができる参加型の祭り。


見どころ

【その1・辻廻し】

狭い路地を、建物すれすれに曳行される曳山(ひきやま)を見ずして青柏祭は語れない。
中でも、「辻廻し(つじまわし)」と呼ばれる方向転換は必見。8mの大梃子(おおてこ)に若連中が鈴なりになって、てこの原理で曳山の前車輪を浮かせ、回転用の地車を入れて辻を曲がる。

大梃子(おおてこ)に乗る若連中。てこの原理で曳山の前車輪を浮かせ、回転用の地車(じぐるま)を固定させる。20トンの曳山の一部を浮かせるため危険が伴う見せどころ。

直線道路では梃子(てこ)と呼ばれる道具を車輪にかませて進行方向を微調整しながら進む。よく見ると梃子を持つ人のハッピには「梃子」と書かれている。いろんな役割があるんだなあ。でか山が通った道には車輪を滑らせるために使った油の跡が。

【その2・三基集合】

4日の正午すぎに、3基が神事のために山王神社に集まる。
また、5日は、七尾駅前の御祓川大通りで11時頃から14時半頃まで3基の姿を見ることができる。

【その3・曳き納め】

でか山を目的地に納めるクライマックス。納めた後は、厳かな雰囲気で七尾まだらが披露される。

 

主なスケジュール

5月2日【人形見】

夕刻、市内の人形宿に「でか山」の人形9体が飾られる。 

5月3日【運行開始】

21時半頃、でか山の運行が始まる。神社から最も近い鍜冶町(かじまち)から順に神事が行われる神社境内に参入する。夜通し神事の時間までどこかの町のでか山が活動している。

5月4日【神事】

正午過ぎ、大地主神社(山王神社)に3台の「でか山」が勢揃いし、神事に臨む。神事が終わると、でか山は各町へ戻っていく。

5月5日【勢揃い】

午前11時半頃、能登食祭市場前に3台の「でか山」が勢揃い。その後、七尾駅前(ミナクル・パトリア)と駅前の大通り沿いの御祓川河畔で再度3台の「でか山」が勢揃いする。 

青柏祭の雰囲気をVRで体験できる!

参加型のお祭り

この巨大な「でか山」を誰でも曳くことが出来るということでわたしもちょこっと曳いてみた。

青柏祭(せいはくさい)

日時・期間
5月2日~5日
見どころ
2日 夕刻~/市内の人形宿に人形が展示される
4日 12:30〜/でか山が神社に揃う
5日 15:00〜/でか山が仙対橋に揃う
住所
大地主神社(山王神社)ほか七尾市中心市街地
お問い合わせ
七尾市商工観光課TEL 0767-53-8424(8:30~17:15)

 

Google Mapで見る

PAGETOP