NOTO JOURNAL,能登,七尾,和倉温泉,中能登,観光,ななお・なかのとDMO

歴史
Do体験

日本五大山城、七尾城跡でタイムスリップ

日本五大山城、七尾城跡でタイムスリップ

最近人気が高まっている「山城」。七尾市にある七尾城跡も、戦国時代を代表する山城としてお城ファンをはじめ多くの方が訪れている今注目のスポットです。今回は、今年度大規模な整備を行った七尾城跡を巡ってきました。 

 

七尾城は能登の守護畠山氏の居城として、標高300mほどの尾根上に築かれました。七尾の名前は、城が七つの尾根にまたがっていたことから「七尾」と名付けられたと言われています。それぞれの尾根に砦を配置した大規模な山城で、日本五大山城のひとつに選ばれています。

 

 

見どころは数段に積み上げられた石垣。野面(のづら)積みと言われる、自然石をそのまま積み上げた戦国初期のものです。当時はまだ姫路城や熊本城のような高い石垣を組む技術がなく、2mほどの低い野面積みの石垣を数段に積み上げて、高石垣の役割を果たしていたそうです。苔むした石垣を目の前にすると戦国時代にタイムスリップしたような気持ちになります。

 

 

 

七尾城跡へは本丸近くの駐車場まで車で行くことが出来るので、山歩きの経験があまり無い方でも大丈夫。駐車場から本丸までは歩いて10分ほどです。駐車場から七尾城跡への入り口には、「中部北陸自然歩道七尾城戦国のみち」の看板と、山城歩き用の木の棒が用意されていました。木の棒は誰でも自由に使うことが出来るので、私も山城歩きのお供に1本お借りしました。

 

 

駐車場から進むと、すぐに本丸までの案内看板があります。この道を真っ直ぐ行くと、旧大手道である旧道を通って本丸へと向かう大回りのコースになります。新しく設置された看板には英語での表記もあり、外国人の方にも好評なのだとか。

 

 

本丸・二の丸・三の丸と巡る遊歩道には新しく木製チップが敷かれ、とても歩きやすくなっていました。急な山道も安全に登ることができますよ。

 

 

当時ここにどのような建物があったのか、説明書きと合わせてCG画像が添えられているので、とてもイメージしやすいです。このように至る所に、初心者でも山城を楽しむことが出来る工夫がされています。

 

 

 

当時のまま残る姿。石垣は野面積みという自然の石をそのまま積み上げた戦国初期のもの。こちらも草むしりなどの手入れがされていました。

石垣は見る角度によって色々な表情を楽しむことが出来ます。遠くから眺めてスケールの大きさを感じてみたり、近くでひとつひとつの石を見て歴史を感じたり…

かつてはここに城があったのだと想像するとワクワクしてきます。

 

 

さあ!本丸まであと一息。こちらも見事な三段石垣。間近でじっくり眺めながら登るのがおすすめです。

 

 

本丸から七尾湾全体が見渡せるようにと最近樹木が一部伐採され、以前に比べて見晴らしが更に良くなったそうです。

戦国時代に七尾城を落とした上杉謙信は、この本丸からの眺めがあまりにも美しかったことから、この城で九月十三夜という詩を詠い勝利の美酒を味わったと言われています。

 

「九月十三夜」

霜は軍営に満ちて秋気清し

数行の過鴈月三更

越山併せ得たり能州の景

さもあらばあれ家郷遠征を憶ふ

 

 

本丸跡には立派な石碑と七尾湾に面したベンチが配置されています。

 

 

ここはまさに特等席。歴史に思いを馳せながらこの景色を堪能しました。

 

 

後ろには、山に面して神社が建てられています。城山神社は1942年に開催された祭りの際に建立されたもので、鳥居は1973年に建てられました。

さて、ここからは一足伸ばして次のスポットへ。

 

 

 

七尾城跡から一足伸ばすと、城山展望台があります。こちらも能登を一望できる絶景スポットとして人気です。展望台からは地名の由来となった七つの屋根も眺めることも出来ますよ。本丸駐車場からは車で5分ほど。歩いても10分ほどで辿り着きます。こちらから見る七尾の景色も最高でした。

 

 

 

建物の外観を使ってこのような写真を撮ることも出来ます。いつもとはちょっと違った角度から景色を切り取ってみてはいかがですか?

 そして最後にご紹介するのがこちら。

 

 

七尾城跡を訪れる前に必ず寄って欲しいのが、ここ、七尾城史資料館です。中世の城をイメージした近世建築で、館内には七尾城の歴史を学べる資料、七尾城から出土した器や刀、鎧などの武器・武具などが展示されています。中でもおすすめなのが、城郭考古学者・千田嘉博先生監修の七尾城を復元したCG映像です。いかに巨大な山城だったのかを映像を通して知ることができ、山城歩きの際にイメージも膨らむのでぜひ見て頂きたいです。

 

 

今回は本丸駐車場まで車で行き、七尾城跡の中心部を散策してきましたが、七尾城史資料館前から徒歩で登ることも出来ます。

七尾城跡散策コース A制覇コース  所要時間 約150分

          B中心部コース 所要時間 約50分

 山城ブームの今、みなさんも本格調査や整備が進む国内最大級の山城・七尾城跡を巡ってみてはいかがでしょうか?

 

七尾城跡

住所:〒926-0024 石川県七尾市古屋敷町タ8-1

交通案内

・JR七尾駅~七尾城跡(本丸駐車場)まで車で約15分(約7キロ)

・JR七尾駅~城址資料館まで 市内循環バス「まりん号」七尾城ルート順回りで約15

お問い合わせ先:七尾市教育委員会スポーツ・文化課 電話0767538437

 

 

PAGETOP